中小の家電量販店の求人

家電量販店転職TOP >> 条件別の家電量販店の求人 >> 中小

中小の家電量販店の求人

中小の家電量販店では大手の家電量販店と異なり大きな店舗で家電を販売する販売スタッフの募集というよりは、依頼があればお客さんの家まで出張するようなフットワークの軽さが求められます。つまり、販売スタッフとして店舗に立つこともあれば、車に乗って移動することもあるということです。 中小の家電量販店は大手の家電量販店とは異なった戦略を練らなければ、戦うことが出来ないので必然的に大手とは働き方が異なっていきます。

例えば、でんかのヤマグチではトンデ行きますとあるように、頼まれたらなんでも行うようです。家電に関係のない仕事でも行いますので野菜の販売なんてこともしています。 募集に関しては、大手の家電量販店と比べると頻繁に出ているものではありませんので、見つけたらすぐに応募するというのが一般的です。 中規模の家電量販店はまだ、自社のショッピングモールを持っているので、1日立ちっぱなしで販売スタッフとして働くということがあります。ただ、小規模、例えば町の電気屋さん程度の規模になりますと広い店内で1日立ちっぱなしということは、より少なくなります。

そもそも、広い店内なんてものはありませんので、お客さんが来るとき以外は座って別の仕事をするというのが一般的です。一時期は大手の家電量販店にシェアを奪われてしまい、多くの小規模の家電量販店は倒産をしてしまいましたが、近年では高齢者の増加に伴い、活気を取り戻しています。 地域の電気インフラを担うという存在です。大手や中規模の家電量販店よりも小回りが利きますので、高齢者の方が町の電気屋さんを支持し始めているのです。つまり、複雑になっている家電に関する疑問をゆっくりと時間をかけて教えてくれたり、ちょっとした家電の修理にも飛んできて来てくれたりする町の電気屋さんの存在はこれから必要不可欠になります。

では、このような小規模の家電量販店での募集ですが、基本的にないといえます。だいたい家族単位で営業をしていますので、わざわざ外から人員を募集するというケースは稀です。販路の拡大とうよりは現状維持に勤めている方が、無難だからです。

【まとめ】
中小の家電量販店の場合、新卒で入社してそこで働き続けるというのが一般的です。転職をするのであれば、大手の家電量販店の方が有利になります。特に小規模の家電量販店は家族単位で営業をしているので求人が出るということはほとんどありません。 また、店舗で販売するというよりは、お客さんの家へ行くなどの業務の方が多くなることがあります。。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.