英語力が生きる家電量販店の求人

家電量販店転職TOP >> 条件別の家電量販店の求人 >> 英語力が生きる

英語力が生きる家電量販店の求人

毎年日本には、1900万人以上の外国人が観光で訪れています。首都圏では、様々な国籍の人が行き来しているのを目にするのも、珍しくなくなっています。2020年に控えた東京オリンピックに向けて今後は、さらに外国人観光客も増加することが予想されています。そして日本を訪れる別の目的はショッピングです。

家電量販店では、こうした流れに沿って免税措置を取り入れることによって、外国人観光客をターゲットにした経営戦略に力を入れています。とりわけ東京などの首都圏では、大量に家電商品を購入する外国人観光客をよく目にします。そのため、英語をはじめとする言語力を持つ販売スタッフを募集する家電量販店が多くなっています。中には、英語力があることで、時給が500〜1000円程度プラスされる家電量販店もあります。自分の英語力を活かしたいと思うのであれば、首都圏や外国人観光客が頻繁に訪れる都市の家電量販店の求人募集を確認してみましょう。通常は販売スタッフと同じ条件で採用されることになるため、平均時給は1000〜1200円程度と考えておくことができます。

英語力が評価されたとしても、採用されるのは販売スタッフという職種です。そのため通常は一販売スタッフとして働くことになります。他のスタッフと同様に、家電に関わる商品知識を取り入れることが求められます。月々の販売成績などがノルマとなる場合も予期しておくべきです。加えてそうした商品知識を英語で説明するための専門用語や知識が必要になる場面もあるでしょう。外国人観光客であれば、安く家電を買う事を目的として家電量販店に来ます。そのため英語で商品を説明することができれば、日本人のお客様よりも比較的簡単に商品を購入するので、販売ノルマも達成しやすくなるでしょう。

家電量販店に来るのは英語圏の外国人だけではありません。英語を母語としない観光客の話す英語を聞き取り、理解できるように分かりやすい英語で説明するのは、決して容易な事ではありません。英語力に加えて、コミュニケーション能力も必要とされています。日本人のお客様に接するのと同じように、笑顔で商品を説明すること、相手の疑問に誠実に耳を傾けて答えることも大切な販売スキルとなるでしょう。ここ数年では、中国人観光客が非常に目立っています。そのため、英語力がある人材に加えて中国語を話せる人材を積極的に採用する家電量販店も少なくありません。英語に加えて中国語の語学力を高めておくことも大切でしょう。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.