家電量販店の離職率

家電量販店転職TOP >> 家電量販店の転職の基礎 >> 家電量販店の離職率

家電量販店の離職率

家電量販店の離職率は高いといわれています。そのため、慢性的な人手不足であり、それが残業、重いノルマ、ストレスなどに繋がっていきます。 家電量販店業界の離職率が高い理由があります。まず、家電量販店は、ドラッグストア、外食チェーン、ソフトウェア開発などに並んで離職率の高い業界となっています。そのため、家電量販店側も大量退職を前提にした大量採用をおこなっていますので、従業員の平均年齢は低い業界となっています。

【転職が難しい】
家電量販店の販売職のみしか経験をしていませんと、転職が難しくなります。 転職が難しいということを考えて、家電量販店業界に早々に見切りをつけて若いうちに転職をしてしまおうという考え方もあります。 また、家電販売系のスキルを持っていたとしても、販売しか経験していないとなりますと、転職は困難です。家電を販売するのに特別な資格が必要になりません。家電アドバイザーという資格もありますが、他業種では活躍が難しい資格といえます。 何年も毎日、働いたとしても販売に関するスキルは特別なものとはならず、経験値が稼げない仕事です。

【体育会系】
体育会系というのも、離職率を上げる原因となっています。 常にインカムを装着していますので、少しでもミスや接客が遅いなどがありますと、すぐにインカム越しに叱られるということがあります。 また、軍隊教育のような新人研修などがあり、すぐさま接客をするように強いられるという環境にうんざりするということもあります。 さらに、先輩や店長からの八つ当たりなどもありますので、ストレスのたまりやすい環境となっています。

【ノルマが厳しい】
ノルマが厳しいというのも早期退職の原因となっています。インカム越しに監視されていますので、ノルマを達成させるために様々な脅し文句が飛んできます。そのせいで精神的に疲れてしまい退職を考えるという人が増えるようです。 また、ノルマ達成のために自腹を切って商品を買わされたり、なぜノルマが達成できなかったのかを皆の前で問い詰められた上、上司の前で見込み客へ電話を掛けるといったことがあったりします。

【人手不足】
大量に入社しますが、大量に離職しますので、常に人手が不足しています。そのせいで残業が増えたり、家電だけではなく日用雑貨品を販売したりするなど、多くの仕事が一人に任されてしまい、ストレスとなることが多くなります。仕事量のわりに給料が安いので、高い離職率に繋がります。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.