家電量販店を辞めたい時

家電量販店転職TOP >> 家電量販店の転職の基礎 >> 家電量販店を辞めたい時

家電量販店を辞めたい時

家電量販店で働いていますと、接客業なので理不尽なお客さんに会う可能性がきわめて高いです。ただ、それを理由として辞めたいと思うような方は少ないようです。確かに腹立たしお客さんはいるようですが、その人のせいですぐに辞めたいとはならず、仕事と割り切っているようで特にお客さんの対応によって、辞職してやる、とはならないようです。 ただ、値切り交渉をするお客さんに対してはウザったいという感想を持っている家電量販店勤務の人が多い傾向があります。値切りというシステムがあることをテレビなどで知り、実際に試してみるというお客さんにあたったときは、怒りを覚えるそうです。 ただ、ウザったい、むかつくと思っても、まだ我慢はできるようです。 家電量販店で働いている人が辞めたいという理由としてあげているのは、同僚や上司との人間関係やノルマなどがあるときのようです。

【ノルマについて】
家電量販店には個人でいくら以上売り上げるという目標やノルマがあります。このノルマに到達しないことで、人前で激しく叱責をされたのがきっかけで辞めようと考えるというケースが多々あります。 また、インカム越しに常にどのような家電を売れとの命令が飛んでくるので、うんざりしたという体験談もあります。 さらに、ノルマ達成のために自腹で商品を購入しろと迫られるなどして、同じ商品がいくつも自宅にあり、それが耐えられず辞めたというのもあります。 ノルマに関してですが、若い男性のお客さんに商品説明などをしても、情報に強い彼らは話を聞いてくれないとして、老人や女性をターゲットにしての声掛けをインカムで指示されて辞めたくなったというものもありました。 老人も女性も機械に強くないので、よく話を聞いてくれてうまく購入の契約が結べるからなのですが、そのような業界の裏事情を知ってしまった場合、うんざりして辞めたくなるとの声があります。

【お客さんを待たせすぎる正社員】
正社員の数が少ない昨今、パートやアルバイトを部下にして家電量販店の営業をおこなっているという店舗もあります。 そのため、商品に関する知識がないパートやアルバイトが、商品知識のある正社員を呼びに行くのですが、その正社員も別のお客さんの相手をして、待たされているお客さんがパートやアルバイト店員がサボっていると報告するというものです。 お客さんとのトラブルというよりも、人数が少なくて起きたトラブルで、これが原因で辞めたいと考える方もいます。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.