家電量販店の労働環境・残業

家電量販店転職TOP >> 家電量販店の転職の基礎 >> 家電量販店の労働環境・残業

家電量販店の労働環境・残業

家電量販店の労働環境はあまりいいとは言えません。労働環境に関しては多くの不平不満があります。そのため、高い離職率を誇っています。 【高い離職率で人手不足】
家電量販店の労働環境の悪化に拍車をかけているのが、人手不足です。家電量販店業界自体が落ち目となっていますので、好んで就職をするという人が不足しています。そのせいで、業績悪化の家電量販店が増えて人がさらに減らされ、従業員一人ひとりにかかる雑用や仕事量が増えています。 また、電気屋さんという仕事じたい異性にもてる仕事ではないので、学生たちからの人気は高くなく、ブラック企業大賞という賞を受賞する家電量販店もありますので、就職活動中に、早い段階で就職先のリストから除外されるということが多々あります。

【ノルマが厳しい】
ノルマに関しては多くの家電量販店が厳しいノルマを課しているので、それがストレスとなります。ノルマに関してはパソコンでリアルタイムに監視されており、さらにインカムを常時付けていますから、先輩社員からお客さんに声をかけろと常に、命令が飛んできます。 高いノルマを果たすことが出来なければ、皆の前で上司に叱責されることもあります。ノルマを果たすためには様々なことをさせられます。例えば、自分で電化製品を購入する、見込み客に電話営業をかける、といったことをしなければならなくなります。 また、基本的に家電量販店業界は体育会系となっていますので、少しでもミスをすればインカムで怒鳴られる、インカム越しにお客さんへ声をかけろと指示が出るなど、売り場に立っているときは気が休まるということはありません。 ノルマを達成しなければいけないのに、お客さんは値切り交渉をしてきますので、売上至上主義の場合は手痛いものとなります。

【残業が多い】
残業に関してですが多くの家電量販店が、朝の10時から22時まで営業をしています。シフトを調節できる場合は、長時間労働にならないように調整できますが働いている人員の人数が少ないので必然的に労働時間が長くなってしまいます。 例えば、朝の7時に起きて、深夜の0時に自宅へ帰るということも多々あるようです。ただ、長時間労働とならないように定時でタイムカードを切らされて、そこからサービス残業となるようです。 1ヶ月間の残業時間が120時間を超えるということもあります。ただ、多くの人が1ヶ月100時間程度の残業を強いられます。最長で150時間も残業をしたというケースもあります。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.