家電量販店の転職と志望動機

家電量販店転職TOP >> 家電量販店の転職の基礎 >> 家電量販店の転職と志望動機

家電量販店の転職と志望動機

家電量販店へ転職をする際に履歴書を作成することになりますが、その履歴書の中で重要になるのが志望動機です。志望動機がいい加減なものですと、家電量販店も採用を考えてしまうかもしれません。 どのような志望動機が有効なのかを考えていきますが、その前に志望動機を書く際の注意点を説明します。志望動機にはテンプレートはありません。ただ、ネットに書き方に関する例文が多く存在します。 その例文を参考にして志望動機を書いていくのは、特に問題はないでしょう。ただ、その志望動機をすべて真似してしまいますと、真似したことがばれたときに評価が落ちます。 また、志望動機を書いた後は、変になっていないか誰かに添削を頼むことも重要です。 さらに、志望動機に大きな嘘を書いてはいけません。特に家電量販店の場合は、「このような商品を購入した経験が」となりがちですが、購入したこともない電化製品の名前を書いてしまいますと、その話題で突っ込まれたときに答えることができない、なんてことにもなりかねません。これはネット上にある志望動機をコピペしたときによく見られるミスなので注意をしましょう。

【志望動機の書き方】
志望動機の書き方ですが、ストーリー性を持って書くということが有効です。人間は箇条書きの文章よりもストーリー仕立てになっている文章の方が読みやすいという傾向があります。 前職も家電量販店であるのなら、なぜまた家電量販店で働きたいのかを自分の経験を参考にして書いていくと、オリジナリティーのある志望動機になります。 自身独自の経験は、第三者との差別化には最適のものです。同じ電化製品を買ったとしても、なぜその電化製品を買ったのか、買うときにどのようなことがあったのか、そして買った後にどのように思ったのかなどが、志望動機をよりオリジナリティーあふれるものにするエッセンスです。

【前職を辞めた理由は嘘を書いてもいい】
前職を辞める理由に関してですが、上司との不和が原因で辞めたことを志望動機に書いてしまいますと、あまり好印象を持たれません。少なくともトラブルが原因で辞めたのか、という印象を持たれてしまいます。 そのため、前職を辞めた理由には嘘を書いて問題は特にありません。 また、前職の労働環境が酷かったから転職を決意したという理由も書いてしまいますと、楽をするために来たのかなと思われてしまいます。 志望動機を書くとき、わざわざネガティブな表現となるようなものを書く必要はありません。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.