家電量販店の転職と面接対策・自己PR

家電量販店転職TOP >> 家電量販店の転職の基礎 >> 家電量販店の転職と面接対策・自己PR

家電量販店の転職と面接対策・自己PR

家電量販店へ転職をする際に面接を行いますが、ここで重要なのは家電の知識があるということではありません。そもそも、家電量販店の人事の方の方が、面接に来た方よりも家電に対する深い知識を持っている可能性が高いのです。 もちろん、前職でも家電量販店に勤めていたのなら家電の知識があることをアピールポイントとして話しても有効ですが、前職が家電量販店に勤めていない方が家電の知識をアピールしても、逆効果です。坊主に説法となってしまいます。 では、何をアピールすればいいのかといえば、2つあります。コミュニケーション能力と家電への興味の高さです。

【コミュニケーション能力】
コミュニケーション能力というのは、接客をする販売スタッフとしては必要不可欠の能力です。コミュニケーション能力を発揮したエピソードなどを話して見ますと、人事からの受けは良くなります。 コミュニケーション能力とはお客さんに発揮するだけでなく、社員同士でも必要となるものです。円滑な社内環境のためにも、コミュニケーション能力を持った社員というのを企業は欲しがります。

【家電への興味】
家電への知識があったとしても、家電というのは日々新しいものに変化をしています。極端な話をしてしまえば、古い家電の話を鼻高々にされても、意味をなさないのです。 新しく発売される家電をすぐに欲しくなって、その家電から得られるメリットを自分で調べるというのは家電への興味です。 この家電への興味や好奇心を持っていることで、お客さんの目線に立つことが出来ます。お客さんは現状の不満を家電によって解決をさせたいので、家電量販店へ足を運ぶのです。そして、お客さんは家電を購入することで自分が得られる利便を追求します。 そこで、自身が調べた今ある最新の中で最優秀の家電について熱く語ることができれば、お客さんは納得して購入するのです。そして熱く語るためには自身もその家電を欲しいと思う興味や好奇心が必要不可欠となるのです。 つまり、今は家電に対する知識は人事たちより劣るが、家電への興味は人一倍あるということをアピールすると効果があります。

【採用することの利益を紹介する】
企業というのは個人のお客さんと同じで、あなたを採用したら自社に利益があるのか、それともないのかを面接によって判断するのです。面接という限られた時間で自分のことをいかに高く売り込むか、そして、将来的にいかに利益になるのかを紹介することも必要です。そのためには、自分自身に対する興味や好奇心は必要不可欠な要素です。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.