家電量販店の将来性

家電量販店転職TOP >> 家電量販店の転職の基礎 >> 家電量販店の将来性

家電量販店の将来性

最近では日本でも珍しくなくなった、家電量販店。家電量販店とは、各メーカーから家電製品を大量に仕入れることで安値を実現し、幅広い品揃えであらゆる年齢層の消費者をターゲットにした店舗です。急成長を果たした家電量販店業界ですが、この数年は市場規模が6兆台の横ばいを続けています。郊外に建てられた大型家電量販店も集客率が伸び悩み、閉店に追いやられてしまうことも生じています。また他店より1円でも高い場合には、売値を安くするという謳い文句で宣伝する家電量販店もありますが、直接集客率や売り上げに結びついていないのが現実です。今後はメーカーとの交渉によって、さらに安価で商品を仕入れることや、他との差別化をどこまで進めることができるかが必要とされています。

日本経済のあらゆる分野が少子高齢化の影響を受けていますが、家電量販店業界も例外ではありません。高齢化社会となれば、新たに家電を買い替えることも少なくなりますし、性能の良いものよりも、取りあえず問題なく使える物を買うことでしょう。6兆円規模まで成長した業界も今後は、徐々に先細りしていくことは避けられないとされています。また家電のリサイクル販売や、オークションなどを通して個人間で売買されることも増えているため、家電も中古で済ませる風潮が強くなっています。

そうした中で、家電量販店業界で注目を集めているのがインターネット販売です。店舗に足を運ばなくても、自宅のパソコンやスマホを通して注文から配達までを済ませることができるサービスです。この分野が今後の業界再編のキーポイントとなるとされています。またクレジットカード会社と提携しメンバーズカードを発行することや、店舗内にインターネットプロバイダの出店を許可することなどによって、インセンティブが発生し、家電量販店の売上拡大の起爆剤になることを考えています。

インターネット販売が消費者に浸透しても、すべての商品をインターネットで購入する訳ではありません。とりわけ、クーラーやテレビ、冷蔵庫など高額な商品になると、インターネットで注文するよりも、店頭で販売スタッフからの説明を聞いて、納得したうえで商品を購入したいと考える人も少なくありません。こうしたことを考えると、すぐには結果が出ないとはいえ、やはり商品の低価格競争や個々の販売スタッフのサービス向上などが、家電量販店の将来性に大きな影響を与えると考えられます。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.