家電量販店の転職と学歴

家電量販店転職TOP >> 家電量販店の転職の基礎 >> 家電量販店の転職と学歴

家電量販店の転職と学歴

家電量販店へ正社員として転職を成功させたい場合は、学歴があるに越したことはありません。有名な家電量販店ですと、専門学校卒の採用となるケースもあります。家電量販店の中でも特殊な部門、総合職やマーケティングなどの将来的に幹部となる部署での採用に関してはやはり大卒以上、他にも施工管理や技術職はそれに関する資格や経験がないと厳しくなってしまう傾向があります。 それ以外は、例えば営業や販売スタッフの場合は高卒でも問題はないとされています。こちらの場合は、学歴よりも販売する商品への興味や知識が重視されます。商品の説明をすることが出来ないのであれば、レジ打ちや倉庫管理程度の仕事しかできなくなってしまうので、商品に関する知識が学歴よりも転職の際には重視されます。

【店長候補になるには大卒以上】
営業や販売スタッフに関して学歴は高卒でも問題なく、商品の知識が多くある方がいいのです。しかし、店長候補となるには高卒よりも大卒の方が有利になってきます。 これは家電量販店のみではなく、他の職種でも言われることなのですが、店舗の店長となるには、やはり大卒であった方が有利になる現状があります。高卒で叩き上げだとしても、通信制の大学へ入り大卒の拍を持っていた方が、後々有利になります。 転職をする場合、高卒よりも大卒の方が有利になる傾向があります。ただ、どこの大学へ行っていたのかで将来の出世にかかわるということは、家電量販店業界の中ではないようです。他の業界では大卒でもどのレベルの大学を卒業しているのかで判断されるケースがあるので、家電量販店場合、実力でのし上がることが出来ます。

【施工管理関係の技術職】
大型家電量販店では、クーラーなどの取り付け、キッチンやバスの施工を自社やグループ会社で行ってしまう場所があります。この職に就くのであれば、学歴よりも経験や資格の方が重要視されています。 つまり、施工管理の経験やリフォーム業者で働いていた前職での経験などが、学歴より優遇されるものです。 また、資格としましても施工管理士を持っていると転職は有利に進むことでしょう。

【まとめ】
家電量販店に関しては学歴よりも前職での経験や資格といったものの方が、転職をする際に重視されるポイントです。 しかしながら、家電量販店の中でも特別な、例えば総合職やマーケティングの職に就くのであれば大学卒業以上の学歴が必要となります。さらに店舗を任される店長候補となるにも学歴はあった方が有利です。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.