家電量販店向け転職エージェントランキング

家電量販店への転職をお考えなら

今や日本の家電量販店は国内だけでなく海外からも購入客が押し寄せるほどに人気です。ネット通販との競争もありますがまだまだ活気のある業界ですのでやりがいも大きいでしょう。

転職活動の際にはリクルートエージェントに代表されるような転職エージェントに登録しておきましょう。必要な資格やスキルなどを事前にチェックできますし専任のコンサルタントのアドバイスも頼もしいですよ。

家電量販店の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントはなんといっても信頼性と実績が高い点が勧めるポイントになる業界ナンバー1です。キャリアアップから年収アップまで、どのような転職をしたいのかを考えたときに一番の情報量があるサイトを利用しない手はありません。また、非公開の企業もありますので、思いもかけない企業とのマッチングができるかもしれません。転職に関するサポート体制も整っているのに、すべて無料で使用できるというのは魅力的といえます。

DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
そこまで有名ではない、DODAですが注目をひくような高案件がたくさんあります。上場企業特集など面白い特集がいっぱいです。またハンティング登録です。このハンティング登録をおこなえばDODAと提携を結ぶ人材エージェントからスカウトメールが届きます。さらに履歴書をウェブに登録することで、興味を持った企業からのヘッドハンティングメール届くサービスなどもあります。また自分の適性年収も試算できるので面白いでしょう。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントですが、リクルートエージェントと双璧をなす、転職中の方を助けるにはもってこいの転職支援サイトです。リクルートエージェントと比較をすると少し物足りない印象があるかもしれませんが、そんなことはありません。マイナビエージェントが得意とするのは大手企業やベンチャー企業とのマッチングです。利用した利用者の満足率は高めですから、これからさらに好条件の企業などをあっせんが増える可能性を秘めているサイトです。

家電量販店の転職事情は?

家電量販店の現状と動向ですが、インターネットの通販サイトをはじめとして、メーカーの直営店、町の電気屋さん、そしてスマートフォンの存在によって厳しい経営を強いられるというところが多くあります。

大型家電量販店どうしが、互いに価格競争をおこない少ない顧客を取り合ったあげく、安い価格で家電を販売するのですから収益が上がりにくくなっています。

そのため、現場で働く社員へ大きなしわ寄せがきているのです。家電量販店の仕事はストレスがたまりやすい反面、給料がそこまで高くありません。また、一日中立っていることが多いので、肉体的な疲労も多くあります。

さらに、ゴールデンウィーク、夏の給料が出た後、年末年始のようなお客さんが多く来店しそうな時期には休むことができません。これは家電量販店に限ったことではなくサービス業全般に見られることですが、周囲が休んでいる時期に自身だけ休むことができないということです。また年末年始、決算の時期には確実に休むことができません。

家電量販店の中にはインカムを使って常に何を売るのか指示される場所があり、ノルマ達成ができなければ叱責される場所もあります。

ただ、すべての家電量販店がこのようなノルマなどがあるわけではないので、地方の家電量販店へ転職をすると比較的のんびりと働くことが出来るようです。

【家電量販店から家電量販店への転職】
家電量販店から家電量販店への転職という手段があります。前述のとおり、立地によりノルマが異なってきます。場合によっては、販売するだけでなくその後のサポートも販売したものが責任を持って行なうという家電量販店もあります。 大きな家電量販店で働いて得る能力、例えばコミュニケーション能力などをそのまま別の家電量販店で活かす働き方です。

【家電量販店からメーカーへ転職】
家電量販店から家電のメーカーへ転職するケースがあります。家電量販店で培った、そのメーカーの商品知識を持って、メーカーの営業職として活躍するというものです。 また、販売員として培ったコミュニケーション力も活かすことができます。家電が好きで家電量販店へ就職した場合、メーカーへの転職というのは楽しく仕事に励めます。

【他の業種への転職】
完全に業界に見切りをつけて他の業種へ転職をします。接客などのスキルが身についていますので活躍することが出来るでしょう。また、介護職などでもコミュニケーションスキルは役に立ちます。

家電量販店の採用職種は?

家電量販店の採用職種は多岐にわたり、家電量販店のグループも含めると多くなりますので、合わせて紹介を行います。

【販売スタッフ】
販売スタッフは売り場にて商品の販売を主に行うスタッフです。家電に対しての正しい知識や興味を持っていれば誰でもなることのできるスタッフといえます。逆にいえば、家電にそこまで詳しくない方が、この販売スタッフになってしまいますと、家電量販店そのものの価値を下げてしまいますので、重要なポジションになります。 また、家電量販店ではよくおこなわれていることですが、お客さんの値引き交渉などを上手にかわして、家電などをうまく販売する必要がありますので、高いコミュニケーション能力も必要となります。 基本的に、最新の家電の知識を持つことが必要です。また、一日立っている必要がありますので、立ち仕事が苦にならない人が望ましいでしょう。 倉庫の管理なども行うことがあります。

【マーケティング職】
マーケティングは直接、接客をするのではなく、どのような立地、商圏、どのように店舗開発をすればいいのか、出店に関してのマーケティングをおこないます。 販売スタッフが実際にお客さんとやり取りする場を提供するのが役目です。このマーケティング職は誰でもなれるというわけではなく、学歴が必要だったり、実際に出店マーケティングの知識が必須条件となっていたりします。 商圏を分析する能力も必要ですが、出店の際には莫大な費用がかかりますので、慎重になる方々を交渉して説得する、その過程で高いプレゼンテーション能力なども求められます。また、様々な部署と連携をおこないますので、コミュニケーション能力も必要となります。

【施工管理】
家電量販店のグループになるのですが、お客さんが購入したキッチンや家電、例えばクーラーなどの施工をおこなうことになります。これは建築施工管理技士をはじめとした複数の資格がなければ務めることはできません。 また、経験者歓迎というタイプの職種になります。

【まとめ】
家電量販店らしい職種を紹介していきましたが、他にも企業を運営させていくのに必要な、事務職やその他の役職などもあります。 ただ、販売スタッフに関しては、スタッフの大半がアルバイトやパート、または派遣社員となります。施工管理、マーケティングは直接正社員としての採用となるケースが多いでしょう。 施工管理は大規模な家電量販店ではグループ会社での採用となることもあります。


Copyright (C) 2016-2018 家電量販店向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.